本文へスキップ

当社はITシステム開発、ITテクニカルサポート、新エネルギーの開発・導入を推進する企業です。

業務説明

テクニカルサポート

概要
テクニカルサポートグループは、新聞テクニカルサポートセンターを開設し、当社が携わった新聞製作システムの保守・運用支援を実施しています。 全国の新聞社様からの技術的な問い合わせや障害発生の連絡に対し適切な対処を行いスムーズな新聞の発行をサポートします。
業務の流れ
















































     

新聞システムインテグレーション(SI)

概要
各新聞社様のシステム導入や移行に伴って、現地環境の調査から始まり、運用開始されるまでの間、お客様が安心安全にシステムをご利用いただけるように、これまでの実務における実績は勿論のこと、スピード且つ確実な作業を行える体制を整えたチームを結成しております。
主な業務内容としては、現地調査、業務内容分析/企画、システム導入、顧客への運用指導などがあります。
尚、導入後の運用支援につきましては、当社の専門部署であるテクニカルサポートセンターで引き続きお客様への支援を行っております。
業務の流れ







     


新聞系システム開発

概要
新聞系開発グループは、新聞製作システムのサーバや選挙システムの開発およびインフラ構築を実施しています。

・新聞製作システムサーバ開発
 新聞製作システムに入稿される記事や画像をデータベースに格納し自動組版を実施します。また、新聞紙面を作成する編集レイアウト端末からのデータを制御します。新聞製作を行うための組版サーバの開発・保守を行っています。

・選挙システム開発
 選挙システムは、国政選挙や各自治体等の通信社からの選挙データを新聞掲載用に自動組版します。この選挙システムの開発・保守を行っています。

・インフラ構築
 新聞製作システム等を含むのシステムが動作するように、サーバ,端末やネットワーク機器などの設置,ソフトウェアの導入,設定などを行っています。
新聞システム概観

 



























     

日本語資源開発

概要
変更予定
日本語資源とは、システム・アプリケーションで使用する日本語コンテンツ(辞書・文字フォント等)です。日本語資源開発グループでは、豊富な国語・漢字・文字コードの知識と経験を生かし、日本語コンテンツに関わる様々なご提案と以下の作業を行います。
 ・単語辞書作成(一般単語/専門単語/類似語など、多様な辞書に対応)
 ・漢字の属性辞書作成(読み/部首/画数/異体字/構成要素など)
 ・文字フォント作成(アウトライン/ドット)
 ・文字同定
作業フローと成果物イメージ


再生可能エネルギー活用

概要 
再生可能エネルギーシステムにおける発電量のコントロール、システム異常監視による自動復旧処理などのシステム開発及び、太陽光発電に関するプロジェクト管理を行なっています。
構成例


稼動実績         
コンピュータマインドエナジー1株式会社 
発電容量:356KW/h  2017年 9月稼動
        
コンピュータマインドエナジー1株式会社 
発電容量:932KW/h  2017年 2月稼動
        
和歌山C社殿 発電容量:180KW/h  2015年 9月稼動
 
和歌山B社殿 発電容量:190KW/h  2015年 8月稼動
 
和歌山A社殿 発電容量:150KW/h  2015年 7月稼動
 
岡山B社殿 発電容量:150KW/h  2015年 4月稼動
 
大阪C社殿 発電容量:150KW/h  2015年 3月稼動
 
関西A社殿 発電容量:300KW/h 2015年1月稼動
 

バナースペース